ドリル・インパクト

知ってる?インパクトドライバーとドリルドライバーの意外な違い

投稿日:

パッと聞かれて答えづらいのがインパクトドライバーと・ドライバードリルの違いで、いがいと知らない方が多い印象です。両方とも”ネジを締めたり穴を開けるツール”というイメージだと思います。

 

インパクトとドリルの違い

ひとことで言うならインパクト機能がついているかいないかの違いです。

  • インパクトは”回転+打撃
  • ドライバーは”回転+クラッチ機能

細かく見ると機能の違いはまだあるんですが、簡潔に言うならこのひとこしかないですね。それぞれ得手不得手がありますが、大工さんはインパクトを使いたがり電気屋さんは細いビスも使うのでドリルを使いたがりますね。

 

インパクトドライバーのメリットとデメリット

インパクトドライバーは打撃を与えながら締め付けるので、長いビスや堅い材料でもへっちゃらなんです。回転しながらハンマーで打ち付けてるかのような、あり余ったパワーでドライバービット(先端工具)やコースレッド(ネジ)をねじ切ってしまうこともあります。

しかし、締め付けスピードとロングビスの堅材への締め付けは抜群で、下穴なしでも一発で締め付けることができます。石膏ボードなどの柔らかい素材でも、本職以外のカタガ使うには十分すぎる工具です。

最大のデメリットは繊細な作業がしづらいところですね。とにかく回転力以上のパワーで締め付けるので、細いビスやネジの締め付けには不向きなんです。

 

ドリルドライバのメリットとデメリット

ドリルドライバーは一言で表すならとにかく優しいんですよ。クラッチ機構のおかげで一定の抵抗になったら力を加えなくなるんです。

インパクトとは真逆の性質があるんです。

インパクトは回転しながら打撃をあたえ瞬間的にパワーを上げています。一方ドリルの方は回転力じたいのトルク(回転力)を上げ、クラッチ機構のおかげで細いネジも太いネジも締め付けることができるんです。

一見すると調整さえしてあげれば万能に見えるんですが、その優しさから設定以上に締め付けられないということ。しかし、この締め付けられないというのが最大のメリットで、初心者の方でもネジを締め付けすぎることもないし、先端工具を壊す可能性も下がります。

もうひとつのデメリットが、使用頻度が少ないからと言っても耐久性のあるプロツールにはコード式のドリルドライバが無いということ。もしコード式が欲しいならDIYツールのみということになります。

 

インパクトとドライバーどちらがおすすめなのか

一概には言えませんが、とにかくパワーが欲しい方はインパクト。パワーも欲しいけど締付け力の微調整をしたい方にはドリルがおすすめとなっています。

インパクトドライバーをすすめたい方

  • 電動ドライバーに慣れている方
  • 細いビスやネジの締め付けをしない方
  • とにかくパワーが欲しい方

ドライバドリルをすすめたい方

  • 電動ドライバーに不慣れな方
  • 細いビスやネジの締め付けもする方
  • 締付け力の調整をしたい方

 

さいごのまとめ

ドリルとインパクトは真逆の性質があるので、どちらがおすすめというわけではないんです。用途が違うので、それぞれの用途にあったほうを使いましょう。

もしあなたがDIY初心者で、どんなツールを買ったらいいかもわからない段階であれば、迷わずリョービのドリルドライバをおすすめします。他の安価な製品に比べて耐久力が違うんですよ!

このページのURLをコピーする

-ドリル・インパクト
-, , , ,

Copyright© のんびりDIY , 2019 All Rights Reserved.